日経ドラッグインフォメーション 2005/12号

特別企画 日経DIテスト2
臨床薬学2(副作用・相互作用)

問11 5年前からレボドパ製剤を服用しているパーキンソン病の70歳男性が「手足が勝手にふるえる症状が強くなってきた。薬を飲むと3時間ぐらいは症状が治まるが、またふるえが始まる」と訴えて受診した。この症状の説明として最も可能性が高いと考えられるものはどれか。(16〜17ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1552文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > その他(医療・バイオ) > その他(医療・バイオ)
update:19/09/27