日経ドラッグインフォメーション 2005/12号

Interview
「漢方煎薬の保険調剤は  危機的状況に陥っている」
雨宮 昌男氏  「漢方煎薬を保険調剤できる薬局の会」代表世話人

1939年京都府生まれ。63年京都大学経済学部卒業。5年間の銀行勤務の後、69年に東京薬科大学入学。73年の卒業と同時に高島堂薬局に入局。91年から同薬局の代表を務める。2004年の調剤報酬改定では、浸煎薬と湯薬に、剤数によらない調剤料が新設された。(30〜32ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2987文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 医薬品 > その他(医薬品)
【記事に登場する企業】
漢方煎薬を保険調剤できる薬局の会
update:19/09/27