日経ドラッグインフォメーション 2005/12号

日経DIクイズ
不妊症患者に糖尿病治療薬が処方された理由
処方せんを読む

インスリン抵抗性の改善を介して卵胞の発育を促すため。インスリンによってアンドロゲン(男性ホルモン)産生が亢進しているタイプの不妊症では、塩酸メトホルミンの服用で、排卵率や妊娠率が上昇すると報告されている。 不妊症の原因となる病態の一つに、多嚢胞性卵巣症候群(Polycystic Ovary Syndrome;PCOSまたはPCO)がある。(49〜50ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2213文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 医薬品 > 処方・服薬
update:19/09/27