日経コミュニケーション 2005/12/15号

リポート4
専用機から始まるソフトイーサの挑戦
第1弾はプラネックスコミュニケーションズのマイクロサーバー

「SoftEther」の開発で知られるベンチャー企業のソフトイーサは,VPN(仮想閉域網)ソフトの新技術「PacketiX VPN 2.0」の拡販に乗り出した。第1弾として,プラネックスコミュニケーションズがアプライアンス製品を提供する。SoftEther時代からすべて一新したPacketiX VPN 2.0だが,普及への道は平坦ではない。 SoftEtherからPacketiX(パケティックス)へ——。(58ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1692文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
通信・ネットワーク・放送 > WANサービス > VPNサービス*
【記事に登場する企業】
ソフトイーサ
プラネックスコミュニケーションズ
update:19/09/26