日経コミュニケーション 2005/12/15号

20周年記念連載 日本の通信が動いた、あのとき 最終回
電電公社の民営化
すべてはここから始まった 20周年記念連載 最終回

1985年,それまで国内の通信事業を独占していた電電公社が民営化され,新規参入も認められた。このときを境に日本の通信は競争時代へと突入し,激動の歴史が始まった。数々の新ビジネスが花開き,通信料金の大幅な値下げなど多くの変化をもたらした。 1985年4月1日。従業員数32万人,売上高5兆円超の巨大企業が誕生した。(120〜121ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2705文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
通信・ネットワーク・放送 > その他(通信・ネットワーク・放送) > その他(通信・ネットワーク・放送)*
update:19/09/26