日経エレクトロニクス 2006/01/02号

NETs Buyers’ Guide 吸音材
手軽に静音化を実現 ハロゲン・フリー品も続々
迷わない材料選び●吸音材

 開発中の製品の騒音が社内基準より1dB〜2dB大きい。でも,モータなどの騒音源自体に手を入れている時間はもうない。何とか手軽に,素早く解決したい——。こうした場合に用いるのが,吸音材である。発泡体や不織布の構造を採る吸音材は,内部の空隙や空隙を覆う薄膜で音のエネルギーをとらえて熱エネルギーに変換することで騒音を減らす。(124〜128ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5418文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる330円
買い物カゴに入れる(読者特価)165円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > 素材・部材 > その他(車・機械・家電・工業製品の素材・部材)
ビズボードスペシャル > 素材 > その他(車・機械・家電・工業製品の素材・部材)
update:19/09/26