日経ものづくり 2006/01号

詳報 価値を生まない職人技は
価値を生まない職人技はふるい落とす 部品の精度向上で組立作業を単純化
ニイガタマシンテクノが目指した「積み木方式」のものづくり

 マシニングセンタ(MC)や射出成形機のメーカーであるニイガタマシンテクノ(本社新潟市)が,組立工程で必要な職人技を厳選し始めた。 中でも成果が著しいのは,MCの組立工程。従来,同工程は七つの「専門工程」に分かれており,それぞれを専門の作業者が担当していた。(32ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1201文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > エレクトロニクス設計・製造 > 検査技術・装置(エレクトロニクス)
【記事に登場する企業】
ニイガタマシンテクノ
update:19/09/26