日経ものづくり 2006/01号

特集 逆手に取る 2007年問題 Part1
ピンチと見るか チャンスと見るか

 2007年以降,団塊世代*1の技術者が次々と60歳を迎える。多くの企業が60歳を定年と定めていることから,自社にとって不可欠な知識や経験,技能を持つ技術者が急激に少なくなり,競争力が失われてしまうのではないか—という危機感が生まれた。いわゆる「2007年問題」である。 団塊世代の退職が殊さらに問題視されるのは,他の世代に比べてその人数が多いからだ(図1)。(50〜53ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5315文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 逆手に取る 2007年問題(48ページ掲載)
逆手に取る 2007年問題
特集 逆手に取る 2007年問題 Part1(50〜53ページ掲載)
ピンチと見るか チャンスと見るか
特集 逆手に取る 2007年問題 Part2(54〜60ページ掲載)
一致する現場の意識 想定を超え現場力が伸びる
特集 逆手に取る 2007年問題 Part3(61ページ掲載)
活躍の場が広がる若手技術者 自分自身を柔軟に育成
特集 逆手に取る 2007年問題 Part3(片岡氏)(62〜63ページ掲載)
誰でも使えるようにするのが技術
特集 逆手に取る 2007年問題 Part3(小澤氏)(64〜65ページ掲載)
持っているものはすべて教える
特集 逆手に取る 2007年問題 Part3(渡部氏)(66〜67ページ掲載)
開発や販社の人に教えてもらった
特集 逆手に取る 2007年問題 Part3(田上氏)(68〜69ページ掲載)
後輩に負けて4回目の挑戦を決意
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > 雇用・退職
車・機械・家電・工業製品 > その他(車・機械・家電・工業製品) > その他(車・機械・家電・工業製品)
update:19/09/26