日経Windowsプロ 2006/01号

Windows Reviewレポート ニュース・フラッシュ
マイクロソフト,公共施設やネット・カフェの 共用パソコンを安全にする操作制限ツールを無償提供

 マイクロソフトは2005年12月5日,不特定多数のユーザーが共用しても,安全にパソコンを利用できるようにするツール「Shared Computer Toolkit for Windows XP」(SCT)を発表した。同社のWebサイトから無償でダウンロードできる(http://www.microsoft.com/japan/windowsxp/sharedaccess/)。(19ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:989文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる108円
買い物カゴに入れる(読者特価)54円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > システム運用管理 > システム管理ソフト
【記事に登場する企業】
日本マイクロソフト
update:18/07/30