日経エレクトロニクス 2006/01/30号

Keyword
Web 2.0
Googleの急成長が示す新たなWWWの姿

 Web 2.0とは,技術的な詳細を示す仕様ではない。あくまで,WWW(world wide web)におけるここ数年の変化をまとめて概念化した用語である。米O’Reilly Media,Inc.らが生み出した。大まかにいえば,WWWを基盤として提供するサービスに関して,米国における2001年の「ドットコム・バブルの崩壊」以降に台頭した最近の新たなタイプのものがWeb 2.0とされる。(10ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1300文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > システム設計・開発 > Webサービス
情報システム > システムインフラサービス・ソフト > Webサービス
update:19/09/26