日経エレクトロニクス 2006/01/30号

特集 ワイヤレスが変幻自在に
第3部<応用> 動き出すコグニティブ無線 時間・周波数・空間を融通

 「次世代の移動体通信システムは,データ伝送速度が高速なだけでは受け入れられない。新しい付加価値を生み出す必要がある。焦点の1つは複数の無線システムの間でいかに連携を図るかにある」(パナソニック モバイルコミュニケーションズ 移動通信技術開発センター 4G通信方式開発標準化グループ 主幹技師の石川利広氏)。(106〜109ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4227文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 ワイヤレスが変幻自在に(87ページ掲載)
ワイヤレスが変幻自在に リコンフィギュラブル無線の離陸
特集 ワイヤレスが変幻自在に(88〜93ページ掲載)
第1部<インパクト> 周波数も帯域も自由自在 世界共通端末の時代へ
特集 ワイヤレスが変幻自在に(94〜103ページ掲載)
第2部<実現手法> 再構成可能なRFチップ 次世代品が続々登場へ
特集 ワイヤレスが変幻自在に(104〜105ページ掲載)
RFサンプリングを視野に A−D変換の技術を磨く
特集 ワイヤレスが変幻自在に(106〜109ページ掲載)
第3部<応用> 動き出すコグニティブ無線 時間・周波数・空間を融通
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
通信・ネットワーク・放送 > 通信・インターフェース技術・規格・プロトコル > 伝送規格全般
update:19/09/26