日経ソリューションビジネス 2006/01/30号

News 異なるオフィス機器を容易に相互接続、標準
異なるオフィス機器を容易に相互接続 標準規格BMLinkSで新たなシステム提案も

 キヤノンやリコー、富士ゼロックスなどOA機器メーカーが所属するビジネス機械・情報システム産業協会(JBMIA)は、メーカーが異なる機種でも相互接続できるようにする標準規格「BMLinkS」への取り組みを、2006年から加速させる。同規格に対応する複合機やプリンターを使えば、パソコンで出力する際の細かい設定が不要になるなど、マルチベンダー環境でも操作性が向上する。(78ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:789文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
通信・ネットワーク・放送 > 通信・インターフェース技術・規格・プロトコル > その他(通信・インターフェース技術・規格・プロトコル)*
【記事に登場する企業】
ビジネス機械・情報システム産業協会
update:19/09/25