日経エレクトロニクス 2006/03/13号

NETs Buyers’ Guide 表面実装用導電性接着剤
Pbフリー化でハンダ代替用途に脚光 Sn電極対応製品の開発が進む
迷わない部品選び●表面実装用導電性接着剤

2006年7月1日の施行が秒読みになったRoHS指令。有害物質としてPb(鉛)を規制の対象にしたことで,「古くて新しい技術」である導電性接着剤が,あらためて注目されている。低温での実装が可能な点や高い耐熱性といった特徴が,Pbフリー化が進む電子機器で懸念される実装の問題を解決する現実的な手段として有望視されているからだ。(150〜154ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5171文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる330円
買い物カゴに入れる(読者特価)165円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > CPU・LSI製品・技術 > 素材(半導体関連)
エレクトロニクス > エレクトロニクス設計・製造 > その他(エレクトロニクス製造)
ビズボードスペシャル > 素材 > 素材(半導体関連)
update:19/09/26