日経コンピュータ 2006/03/20号

インタビュー 日野自動車 代表取締役会長 蛇川忠暉氏
ITは「いい会社」の必須基盤 現場任せは経営の落ち度
蛇川 忠暉氏 日野自動車  代表取締役会長

1990年代後半、減益続きだった日野自動車が、2000年以降は増収増益基調に乗っている。トヨタ自動車副社長から01年に日野の社長に就任した蛇川忠暉現会長が、IT活用を含め陣頭指揮を執った成果だ。蛇川会長は、IT投資は「いい会社」になるための必要経費であり、現場に任せてしまうのは経営の落ち度だと指摘する。(60〜63ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4588文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > その他(情報システム) > その他(情報システム)
【記事に登場する企業】
日野自動車
update:19/09/24