日経コンピュータ 2006/03/20号

特集3 フル機能を持つ製品が勢ぞろい
フル機能持つ製品が勢ぞろい 広がり始めるアイデンティティ管理

誰がシステムにアクセスしたのか分からない−。社内にシステムが乱立するなか、こうした事態が現実になってきた。これを解決する切り札として、社内システムのユーザーID発行・削除を一元化する「アイデンティティ管理」(ID管理)に注目が集まっている。そのために必要な6種類の機能をフルに備えた製品も出そろっている。(70〜74ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4982文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる330円
買い物カゴに入れる(読者特価)165円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > ユーザー認証・電子署名技術
update:19/09/24