日経コンピュータ 2006/03/20号

事業価値を高めるシステム企画の勘所
システム担当リソース 確保の好循環をつくる

ユーザー企業では常に、複数のシステム化案件を走らせている。年度計画に基づくもの、事業の要請に応えた緊急案件。基幹系再構築のような特別プロジェクトもある。山積するシステム課題にどれだけ対応できるのか。その鍵は、システム担当者のスキルと工数確保にかかっている。今回はシステム担当者が担う役割とそれに対するリソースの確保や委託先との関係について考える。(196〜199ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4427文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > IT関連スキルアップ・資格 > ITスキル
ビズボードスペシャル > 資格・スキル > ITスキル
update:19/09/24