日経エレクトロニクス 2006/03/27号

What’s New
色再現性を高める白色光源 レーザと光ファイバで実現
NTSC規格比140%が可能に 目の覚める白

 「話を聞いてすぐに開発者に会う約束をした」(ある前面投射型プロジェクタの技術者)——。プロジェクタ技術者の関心を引きつける光源が登場した。住田光学ガラスが開発した,青色半導体レーザと光ファイバを組み合わせた白色光源である(図1)。例えば背面投射型プロジェクタ(リアプロ)の光源として利用すれば,「CRTモニタの色再現範囲の約2倍を実現できる」(同社)という。(42ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1559文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > 光デバイス製品・技術 > レーザー関連技術
【記事に登場する企業】
住田光学ガラス
update:19/09/26