日経パソコン 2006/03/27号

ニュース NEWS EYE
内閣官房まで動かしたWinnyのウイルス被害
重要情報の流出が止まらない

ファイル交換ソフト「Winny(ウィニー)」を通じた情報流出が3月に入っても一向に沈静化の気配がない。銀行の手形決済情報、警察の捜査情報、入院患者の手術情報と、個人の財産や安全を脅かしかねない情報が次々と流れ出ている。あわてて対策に走る企業や官公庁。職員の自宅パソコンまで点検したり、「Winnyを使わない」という誓約書の提出を求めるところさえ出てきた。(26ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:814文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
インターネットサービス > マルチメディア配信 > PtoPファイル交換サービス・ソフト*
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > コンピュータウイルス・対策
update:19/09/25