日経パソコン 2006/03/27号

ニュース
一太郎+XMLで申請書 千葉県が自治体初の試み
使い勝手を変えずにデータをXML化

千葉県は、3月10日に運用を開始した電子申請システムに、ジャストシステムのワープロソフト「一太郎2006」と同社のXML文書のテンプレート作成ツール「XMLテンプレートクリエーター2」を採用した。自治体の電子申請システムでの採用は初めて。システム管理が容易なXMLの利点を生かしながら、職員と住民の両方が手軽に利用できる申請書システムを目指す。(29ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:377文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
パソコン・デジタルギア > パソコン用ソフト > オフィスソフト
情報システム > 電子政府 > 電子申請*
通信・ネットワーク・放送 > 通信・インターフェース技術・規格・プロトコル > データ交換フォーマット(XMLなど)*
【記事に登場する企業】
ジャストシステム
地方自治体
update:19/09/25