日経ものづくり 2006/04号

詳報 PDFの3次元モデル対応で
PDFの3次元モデル対応で 軽量3次元データの主導権争いが激化
JTはオープン化,XVLは大規模モデル対応でアピール

 米Adobe Systems社が2006年1月末に発表した「Adobe Acrobat 3D」は,3次元モデルを社内,社外の設計製造関係者にくまなく流通させる方法について検討しているユーザーの強い関心を呼んだ。さまざまな軽量3次元データ形式やビューワが乱立する中,ドキュメントの保存形式としてデ・ファクト・スタンダードとなっているPDFを3次元モデルの流通手段としても使えれば,3次元モデル活用…(27〜29ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2822文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > 設計・製造(機械関連) > CAD/CAM/CAE
通信・ネットワーク・放送 > 通信・インターフェース技術・規格・プロトコル > データ交換フォーマット(XMLなど)*
【記事に登場する企業】
米アドビ・システムズ社
update:19/09/26