日経ものづくり 2006/04号

詳報 かごが循環するエレベータ
かごが循環するエレベータ 日立製作所が製品化へ第一歩
単位面積当たりの輸送力は一般的なエレベータの2.5倍

 日立製作所は,環状の昇降路を複数のかごが走行するエレベータの駆動技術を確立した(図1)。昇降路は,かご2基分の幅の空間を上下方向に中央で仕切り,片側を上り,もう片側を下りとしたもの*1。上下端には折り返しのための空間と機構がある。つまり,かごが非常に長い長円形を描くようにして動く(図2)。同社では「循環式マルチカーエレベーター」(以下,循環式)と呼ぶ。(32〜33ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3023文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > その他(車・機械・家電・工業製品) > その他(車・機械・家電・工業製品)
建設・不動産 > 建設資材・設備 > 住宅・商業建築・オフィス設備
建設・不動産 > 建設・建築 > 住宅・商業建築・オフィス設備
【記事に登場する企業】
日立製作所
update:19/09/26