日経ものづくり 2006/04号

特報 ロボットが働くセル生産
ロボットが働くセル生産
千手観音のごとく多数の手で組み立てを効率化

中国をはじめとする諸外国にも負けずに,日本で未来永劫えいごうものづくりを続けていきたい。そんな願いを込めてIDECが開発したのが「アセンブルショップ」。これまでは人間が中心だったセル生産にロボットを投入。柔軟性の高さはこれまでのセル生産と同等を維持。さらにロボットハンドに,千手観音さながら複数の役割を持たせることで,高い生産性を実現した。(109〜114ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:7427文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > 設計・製造(機械関連) > ロボット(産業)
車・機械・家電・工業製品 > ロボット > ロボット(産業)
車・機械・家電・工業製品 > 生産用機械 > ロボット(産業)
情報システム > 基幹業務システム > その他(基幹業務システム)
【記事に登場する企業】
IDEC
update:19/09/26