日経ものづくり 2006/04号

設計者のための解析入門 第3回
欠かせない振動モードの把握 周波数を左右する拘束条件
第4回 固有値解析の境界条件

騒音や破壊などの原因となる共振問題を解決するために,重要な役割を果たすのが固有値解析だ。固有値解析では,設計構造物の固有周波数だけでなく,振動モード(変形状態)の把握も欠かせない。固有値解析を実施する場合の基本的な留意点について解説してもらう。(139〜142ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5032文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > 設計・製造(機械関連) > CAD/CAM/CAE
update:19/09/26