日経エレクトロニクス 2006/04/10号

Tech Tale 手ブレ補正技術の軌跡(5)最終回
究極のカメラを 目指して

 2004年夏——。世間はアテネ・オリンピックの興奮に包まれていた。水泳に柔道,陸上など有力選手が次々とメダルを獲得し,人々は歓声を上げた。こうした中,松下電器産業の福島工場は全く異質の熱気が充満していた。デジタル・カメラの量産立ち上げが,大詰めを迎えていたのである。 工場には,そのデジタル・カメラの開発に携わったエンジニアが入れ代わり立ち代わり訪れた。(120〜123ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4499文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
パソコン・デジタルギア > デジタルカメラ > デジタルスチルカメラ
エレクトロニクス > エレクトロニクス設計・製造 > 設計(エレクトロニクス)
update:19/09/26