日経デザイン 2006/05号

弁理士・渡邉知子の知財ショートセミナー 法律解説編
松下電器産業は類似品防止へ「今後は侵害訴訟も辞さず」

オリジナリティーの高いデザインを保護するためには、法律に依存しているばかりではいけない。他社の近似商品への対抗として社内体制の強化を進めている事例をレポートする。 現在多くの企業がデザイン重視の商品戦略を取り始めており、安価であってもデザインが良くなければ商品は売れないということが常識になりつつある。(98〜99ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2622文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
ビズボードスペシャル > 知的財産・特許 > その他(知的財産・特許)
【記事に登場する企業】
パナソニック
update:19/09/27