日経デザイン 2006/05号

1から学ぶデザインの基礎知識
恥をかかない文字の使い方
記号の使い方やフォントの選び方ちょっとした気遣いで文書がグンと美しく プレゼン資料や企画書などにビジネスマン必須の文字のマナー。

 報告書や企画書、プレゼンテーション用の資料など、ビジネスマンが文書を作成する機会は多い。そんな中で、文章の内容に気を配っても、そこで使う文字にまで配慮している人は少ないようだ。どの場面でどんな文字を使えばいいのかを知るだけで、見やすさが格段に高まり、資料に対する信頼感はぐんと向上する。ここでは、恥をかかないための文字使いの基本をおさらいしよう。(102〜103ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2739文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > 設計・製造(機械関連) > 工業デザイン
update:19/09/27