日経デザイン 2006/05号

展覧会&コンペ 第5回暮らしの中の木の椅子展
[ 第5回暮らしの中の木の椅子展 ]記憶の底に刻み込まれるイスに出会いたい

 イスといえば、1つ、記憶の底に刻み込まれた実に印象の強い思い出がある。そのイスは、手のひらを模し、その上に座るとちょうどお尻がうまくはまるように出来ていた。あまりにもぴたりとはまるのが心地よく、座ったときの感覚を今でも生々しく覚えている。そのイスは、1970年に開かれた大阪万博の「太陽の塔」の中にあった。作者は岡本太郎だった。(119ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1002文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > 設計・製造(機械関連) > 工業デザイン
update:19/09/27