日経デザイン 2006/05号

サイトを成功に導くWebデザイン戦略
プラットフォーム型CMSの代表格「Zope」 その2──敷居は低いが奥が深い、“オブジェクト指向Webプラットフォーム”

前回に引き続き、プラットフォーム型CMSの代表格と言える製品「Zope」を取り上げます。今回は、Zopeの機能について、もう少し具体的に紹介します。前回、ZopeはWebサービスに必要なものを最初から完備している、と述べましたが、単純にCMSとして見た場合、その主な特徴は3点挙げられます。(126〜127ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3457文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > サーバーアプリケーション > Web配信・配信補助サーバー
情報システム > サーバーアプリケーション > アプリケーションサーバー*
update:19/09/27