日経エレクトロニクス 2006/06/19号

What’s New
HDTV映像をH.264で記録 松下・ソニーが新カメラ規格
年末商戦に向け規格策定急ぐ

 松下電器産業とソニーは,HDTV映像を撮影できるビデオ・カメラの規格「AVCHD」を2006年5月に発表した。直径8cmのDVDディスクに,MPEG−4 AVC/H.264(以下,H.264)方式で圧縮した映像データを記録する。圧縮率が高いH.264を採用することで,2倍速の8cm DVDディスクでHDVとほぼ同等の画質を実現できるという。片面ディスクで約20分,両面ディスクなら約40分記録可能である。(22〜23ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3054文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
パソコン・デジタルギア > デジタルカメラ > デジタルビデオカメラ*
エレクトロニクス > その他(エレクトロニクス) > その他(エレクトロニクス)
車・機械・家電・工業製品 > AV家電 > デジタルビデオカメラ*
通信・ネットワーク・放送 > AV機器 > デジタルビデオカメラ*
【記事に登場する企業】
ソニー
パナソニック
update:19/09/26