日経エレクトロニクス 2006/06/19号

Selected Shorts
マイクロソフトの著作権保護技術が採用拡大 ナップスターは定額制音楽配信を今秋開始へ

 マイクロソフトは,デジタル・メディア向けの技術「Windows Media Technology(WMT)」を搭載したサービスや機器を,新たに8社が提供すると発表した。具体的には,WMTの機能の一つである著作権保護技術「Windows Media DRM 10」を採用したサービスを,ナップスタージャパン,青山キャピタル,NTTコミュニケーションズの3社が提供する。(37ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:504文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
インターネットサービス > マルチメディア配信 > 音楽・映像配信
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > 著作権管理・違法コピー防止*
【記事に登場する企業】
ナップスタージャパン
日本マイクロソフト
update:19/09/26