日経エレクトロニクス 2006/06/19号

特集 誰がテレビを変えるのか
コンテンツ制作にリスク・マネーを 制作会社の自立が配信普及のカギ
資金調達スキーム

 映像配信の普及や市場拡大のカギになるのが,コンテンツをどう充実させるか,である。とはいえ,コンテンツ制作には多額の資金が必要だ。例えば,テレビ番組の制作には一般に数千万円以上の資金が必要とされている。こうした資金は,テレビ番組ではスポンサーからの広告費,映画では「製作委員会方式」により配給会社や出版社,広告代理店などの自己資金で賄われてきた。(105ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1337文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 誰がテレビを変えるのか(77ページ掲載)
誰がテレビを 変えるのか ——ネット配信の破壊力
特集 誰がテレビを変えるのか(78〜79ページ掲載)
映像配信を巡り,異種      格闘技戦が始まる
特集 誰がテレビを変えるのか(80〜89ページ掲載)
第1部 世界を目指してこその映像配信 パイの奪い合いから市場拡大へ
特集 誰がテレビを変えるのか(90〜91ページ掲載)
今更聞けない素朴な疑問 「通信・放送の在り方に関する懇談会」でも出てきたけど… 地上波の「IP再送信」とは何を議論しているの 聞き慣れないコトバだけど… 「有線役務利用放送」とは何か
特集 誰がテレビを変えるのか(92〜94ページ掲載)
配信業界早分かり
特集 誰がテレビを変えるのか(95ページ掲載)
第2部 映像配信の確信と不安 常識はこれから生まれる
特集 誰がテレビを変えるのか(96ページ掲載)
矛盾の多い現行制度にメス もう振り子は元に戻らない
特集 誰がテレビを変えるのか(97〜98ページ掲載)
無料モデルは成り立つか 視聴習慣の定着目指す
特集 誰がテレビを変えるのか(99ページ掲載)
BBCの挑戦,ハードを捨てて ソフトに自らの存亡を懸ける
特集 誰がテレビを変えるのか(100〜101ページ掲載)
加入の敷居を下げたIP放送 真の勝負は2008年から
特集 誰がテレビを変えるのか(102ページ掲載)
真の“個人”向けサービスに 電子マネーを活用
特集 誰がテレビを変えるのか(103〜104ページ掲載)
映像配信でソフト検証が爆発 ケータイの経験を生かせるか
特集 誰がテレビを変えるのか(105ページ掲載)
コンテンツ制作にリスク・マネーを 制作会社の自立が配信普及のカギ
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > 資金調達
インターネットサービス > マルチメディア配信 > 音楽・映像配信
update:19/09/26