日経コンピュータ 2006/07/24号

ニュース&トレンド
米MS、文書データ形式「ODF」の対応を発表 実態は変換ツール開発プロジェクトの支援止まり

 米マイクロソフトが7月5日(米国時間)、表計算ソフトやワープロなどオフィス・ソフトにおけるデータ形式の国際標準「ODF(オープン・ドキュメント・フォーマット)」に対応すると発表した。日本をはじめ、フランスやデンマークなど各国政府がオフィス・ソフトの調達基準としてODFを掲げる動きに反応したもので、各国の“MS離れ”を防ぐ。(22ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:817文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
パソコン・デジタルギア > パソコン用ソフト > オフィスソフト
【記事に登場する企業】
米マイクロソフト社
update:19/09/24