日経コンピュータ 2006/07/24号

追跡!注目プロジェクト プラネット
「検証」と「開発」の二段構えで 新技術採用のリスクを低減
小売店向け情報提供サイトを全面刷新 プラネット

未経験の技術を使って、システムを刷新したい。どのようにリスクを減らせばよいか──EDI事業者のプラネットが小売業向け情報提供サイトの刷新時に採った方策は、実際の開発前に検証フェーズを設けるというもの。これで、ミドルウエアの新技術「DIコンテナ」を採用したシステム刷新を無事完了させた。(134〜138ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6146文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる330円
買い物カゴに入れる(読者特価)165円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 調達・購買システム > その他(調達・購買システム)*
【記事に登場する企業】
インテック
プラネット(情報処理サービス)
update:19/09/24