日経デザイン 2006/09号

特集 デカい広告より近い広告 電通・博報堂がい
デカい広告より近い広告
電通・博報堂が               いま考えていること

シャワー型から誘導型へ、マスから個へ─。求められる広告の在り方が激変するなか、クリエーティブの役割や意味も大きく変わった。インパクトを与え、大勢を振り向かせるだけでは不十分。多様化するメディアを駆使し、狙った顧客をクライアントのビジネスへ直接導くためのストーリーとトリガーの役割を求められている。(32〜34ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2429文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 デカい広告より近い広告 電通・博報堂がい(32〜34ページ掲載)
デカい広告より近い広告
特集 デカい広告より近い広告 電通・博報堂がい Part1(36〜44ページ掲載)
牛乳はあらゆる場所で中高生を待ち受ける
特集 デカい広告より近い広告 電通・博報堂がい Part2(46〜55ページ掲載)
点と点を結び付ける動力は“謎かけ”
特集 デカい広告より近い広告 電通・博報堂がい Part3(56〜63ページ掲載)
新聞広告で「かぶる」「乗る」「跳ぶ」
特集 デカい広告より近い広告 電通・博報堂がい Part4(64〜67ページ掲載)
情報整理を超えた飛躍がインパクトを生む
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > 設計・製造(機械関連) > 工業デザイン
【記事に登場する企業】
電通
博報堂
update:19/09/27