日経コンピュータ 2006/09/04号

ニュース&トレンド
企業の買収を急ぐ米IBMの狙い 次世代システム環境を強化、迫るHPをけん制

米IBMがソフトウエア企業の買収を立て続けに発表している。次世代システム環境を支えるミドルウエアの機能拡充を加速するのが狙いだ。戦略的M&A(企業の合併・買収)の裏側には、売上高で肉薄してきた米ヒューレット・パッカード(HP)への対抗心も見え隠れする。 米IBMが8月以降、矢継ぎ早に企業買収を発表している。(17ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1346文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 企業・組織 > 合併・吸収
情報システム > その他(情報システム) > その他(情報システム)
【記事に登場する企業】
米IBM社
米ヒューレット・パッカード社
update:19/09/24