日経コンピュータ 2006/09/04号

ニュース&トレンド
女性活用制度の整備を急ぐITサービス産業 育児・介護の休暇期間延長も復帰支援策の整備が課題

ITサービス会社やソフト会社が、女性の雇用環境改善策の整備に乗り出している。出産や育児のための休暇や短時間勤務制度の導入などだ。職場の魅力を高め、新入社員獲得に期待する。しかし、復帰策の整備は遅れ気味で、他業種への人材流出も危惧される。 「育児や介護のための休暇は最長6年間。取得回数は制限なし」—。(19ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1397文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > 人材育成・活用・制度
情報システム > その他(情報システム) > その他(情報システム)
update:19/09/24