日経コンピュータ 2006/09/04号

ニュース&トレンド
マイクロソフトが直面する“超大規模ソフト”の罠 限界迫るWindowsの「統合路線」

Windows Vistaの出荷はなぜ遅れるのか。OSに盛り込む機能と開発チームの肥大化、複雑なOSの内部構造が、その原因だ。米マイクロソフトが将来にわたってWindowsを改良し続けるには、「すべてを統合する」という同社の大原則を、抜本的に改めるしかないだろう。 Windows Vista(開発コード名Longhorn)の開発に米マイクロソフト(MS)がとりかかって、すでに5年以上の歳月が流れた。(28〜29ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3680文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
パソコン・デジタルギア > クライアント向けOS > Windows
【記事に登場する企業】
日本マイクロソフト
update:19/09/24