日経コンピュータ 2006/09/04号

インタビュー 豆蔵 代表取締役社長(金融庁企業会計審議
SOX法対応は早期着手が不可欠 「人依存からの脱却」に有効
荻原 紀男氏 豆蔵  代表取締役社長(金融庁企業会計審議会専門委員)

日本版SOX法では、内部統制の基本的要素として「ITへの対応」を挙げているにもかかわらず、その策定にかかわるIT業界からのメンバーは少ない。ITコンサルティング会社、豆蔵の荻原社長はその一人だ。20年来の内部統制支援のベテランである同氏は、「日本企業の人依存からの脱却につながる。実施基準を待たずにSOX法対応に着手すべき」と主張する。(58〜61ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4512文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > その他(情報システム) > その他(情報システム)
【記事に登場する企業】
豆蔵ホールディングス
update:19/09/24