日経コンピュータ 2006/09/04号

今さら聞けないITキーワード
ICタグ/非接触型ICカード

「Suica」や「Edy」など、電子マネーや交通乗車券に使われている非接触型ICカードや、物流システムに使われるICタグは、いずれも無線を使った技術である。人やモノを識別する用途に使われる。両者は技術的に共通する部分が多く、種類や用途は多岐にわたっている。ここにきて広く普及し始めている状況だ。無線によるID識別技術にはどのようなものか、何ができるかを解説する。(156〜161ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:8258文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > RFID(ICタグなど) > ICタグ*
情報システム > RFID(ICタグなど) > スマートカード(ICカード)
update:19/09/24