日経パソコン 2006/09/25号

日経パソコンオンラインニュース NEWS EYE
2007年から欧米で機内ケータイ解禁へ
安全性や採算性など課題は山積み

 今回の携帯電話利用システムは、機内に携帯電話用のアンテナを設けて、そこから人工衛星を経由して電波をやり取りする仕組みだ。クアルコムのCDMAを利用し、非常に低い電波出力で信号をやり取りするので、航空機の運行には影響を与えないようになっている。 携帯電話の利用は、長時間のフライトだけでなく、国内線など短い時間のフライトでも需要は大きいとされる。(18ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:772文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
パソコン・デジタルギア > 携帯電話・PHS本体・サービス > その他(携帯電話・PHSサービス)*
通信・ネットワーク・放送 > 携帯電話・PHSサービス > その他(携帯電話・PHSサービス)*
【記事に登場する企業】
ライアン航空
update:19/09/25