日経パソコン 2006/09/25号

特集 DVDは百年持つか?
寿命ゼロのメディアが存在するワケ
第3章

 温度30℃、湿度80%の環境なら最低でも9年——日本デジタルコンテンツ協会(DCAj)の試験結果では、DVDの寿命は俗説通りだった。だがしかし、第1章で示した試験結果には「計測不能」だったメディアが含まれていない。結論としてまとめた寿命の数値は、あくまでも国内ブランドに限った目安である。本章では計測不能だったメディアも含めて、DCAjの試験結果を詳しく吟味していこう。(52〜59ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:10414文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 DVDは百年もつか?(42〜43ページ掲載)
DVDは百年もつか?
特集 DVDは百年持つか?(44〜51ページ掲載)
メディアの寿命はこうして推定する
特集 DVDは百年持つか?(52〜59ページ掲載)
寿命ゼロのメディアが存在するワケ
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
パソコン・デジタルギア > パソコン・デジタルギア用記憶装置 > リムーバブルディスクドライブ*
update:19/09/25