日経エレクトロニクス 2006/10/23号

Leading Trends 電子機器に迫る原料高騰
機器生産へ影響及ぼす原料不足 タングステンと希土類元素に注意

今後も不足が続き,調達がさらに困難になる可能性が高い原料が希土類元素とタングステンである。いずれも希少金属(レアメタル)の一種で,さまざまなエレクトロニクス機器や部品に欠かせない。以下では,原料の動向を調査する野村総合研究所のアナリストに,希土類元素とタングステンの不足をもたらす原因と機器メーカーが採るべき対策を論じてもらう。(79〜85ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:8515文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > CPU・LSI製品・技術 > 素材(半導体関連)
ビズボードスペシャル > 素材 > 素材(半導体関連)
update:19/09/26