日経エレクトロニクス 2006/10/23号

Guest Paper
Nokia社が語る ソフトウエア・テストへの取り組み
テスト言語「TTCN−3」の社内導入事例

移動体通信システムの開発は,テスト(検証)について数多くの課題に直面しており,年々,その難しさは増している。これらの課題は,増え続ける複雑さへの対処,開発期間の短縮,より高い品質要求への対応の三つに分類できる。さまざまなベンダーの機器間でシームレスな相互接続性を確保するには,厳しいテストが必要である。(135〜145ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:15841文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > その他(エレクトロニクス) > その他(エレクトロニクス)
【記事に登場する企業】
フィンランド・ノキア社
update:19/09/26