日経エレクトロニクス 2006/10/23号

NETs TDR/TDT測定の基礎(1)
TDR/TDT測定の基礎(1)
今だから学ぶ基礎知識 実測によって特性インピーダンスを算出

パソコンやデジタル民生機器,組み込み機器ではPCI Express,Serial ATA(SATA),HDMIなど高速インタフェースを実装する例が増えている。これらの高速インタフェースの信号周波数はいずれも数百MHzを超えるようになっている。これまで民生機器で使われてきた高速な入出力インタフェースであるIEEE1394やUSB2.0の信号周波数が200〜240MHzであることを考えると,格段に高い。(159〜166ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5695文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > エレクトロニクス設計・製造 > 検査技術・装置(エレクトロニクス)
update:19/09/26