日経コンピュータ 2006/10/30号

新製品ファイル
通信装置 IPN−W100 トリニティーセキュリティーシステムズ
無線LANで「なりすまし」を防ぐ

 IEEE802.11a/b/gに対応する無線LANアクセス・ポイントと無線LANカード。ワンタイム・パスワードの相互認証方式「SAS−2」で生成した認証鍵作成用ハッシュ値を、業界標準の「AES」で暗号化することで、認証鍵の盗聴による「なりすまし」を防ぐ。価格は、アクセス・ポイントのIPN−W100APが13万4400円、無線LANカードのIPN−W100CBが1万290円。TEL(03)5835—0284。(157ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:312文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > その他(情報システムセキュリティ・トラブル)
通信・ネットワーク・放送 > ネットワーク機器・通信端末 > 無線LAN製品
通信・ネットワーク・放送 > 無線LAN > 無線LAN製品
【記事に登場する企業】
トリニティーセキュリティーシステムズ
update:19/09/24