日経コンピュータ 2006/10/30号

特集1 ITメタボリック症候群
ITメタボリック症候群
脱却の秘訣は「ひるまず、力まず」

利用部門から要求されるままに、過剰な機能を備えたシステムを作ってしまう——ほとんどのユーザー企業が、中高年の間で話題の「メタボリック症候群」の“IT版”に冒されている。システムの構築スピードを高め、ムダな投資を防ぐには、社内システムに潜む余分な“脂肪”をそぎ落とすしかない。先進ユーザーの事例や有識者の意見から、その方策を探る。(40〜43ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4141文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集1 ITメタボリック症候群(40〜43ページ掲載)
ITメタボリック症候群
特集1 ITメタボリック症候群(45〜49ページ掲載)
脱“ITメタボリック”大作戦
特集1 ITメタボリック症候群(50〜51ページ掲載)
主体性を持ちメリハリをつけよ
特集1 ITメタボリック症候群(52〜57ページ掲載)
「8割主義」の発想で取り組む
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > その他(情報システム) > その他(情報システム)
update:19/09/24