日経コンピュータ 2006/10/30号

特集3 アカマイCDSサービスの凄み MicrosoftUpdateの立役者
Microsoft Updateの立役者 アカマイCDNサービスの凄み

月に一度、全世界のWindowsパソコンが数メガバイトのファイルを一斉にダウンロードする。Microsoft Updateは他に類をみない巨大サービスである。大規模アクセスに苦しむWebサイトが多い中、桁違いに多いアクセスを処理する仕組みをどう実現しているのか。カギを握るのは、米アカマイ・テクノロジーズらが提供する、CDN(コンテンツ・デリバリ・ネットワーク)サービスである。(70〜75ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:7219文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集3 アカマイCDSサービスの凄み MicrosoftUpdateの立役者(70〜75ページ掲載)
Microsoft Updateの立役者 アカマイCDNサービスの凄み
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > その他(情報システム) > その他(情報システム)
【記事に登場する企業】
アカマイ・テクノロジーズ
update:19/09/24