日経エレクトロニクス 2006/12/18号

What’s New
製品事故に報告義務WWWサイトで即時公開へ
「10日以内」を意識した体制づくりがカギ

 パロマ工業のガス瞬間湯沸かし器による一酸化炭素中毒事故の多発や,アイリスオーヤマなどのシュレッダーによる幼児の指切断事故の発覚を受けて検討されていた消費生活用製品安全法(消安法)の改正が2006年11月29日に成立,12月6日付で公布された。今後は政令や省令などで,報告義務のある事故の基準や報告の書式などを規定し,具体的な運用方針を詰める。(40ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1280文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
インターネットサービス > ニュース・情報配信 > 情報提供サービス
車・機械・家電・工業製品 > 修理・クレーム > 車・機械・家電・工業製品の修理・クレーム全般
update:19/09/26