日経エレクトロニクス 2006/12/18号

特集 レクサスのカイゼン
差がつきにくい中から 見つけ出す他社との差異化点
<これで闘う>

 マイコンを筆頭に車載半導体の開発項目は多く,複雑になる。2010年以降は動作周波数が200MHzを大きく超え,集積するフラッシュ・メモリの容量は既に最大4Mバイトにまで拡大するなど,求められる処理能力は右肩上がりだ。(130〜133ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5752文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 レクサスのカイゼン(107ページ掲載)
レクサスのカイゼン 電機業界に及ぶ車載電子変革の波
特集 レクサスのカイゼン(108〜109ページ掲載)
自動車開発の常識が崩れ始めた ついに心臓部を中国から買うメーカーも
特集 レクサスのカイゼン(110〜119ページ掲載)
自動車メーカーが迫る変革 崩れ始めた垂直統合の開発体制
特集 レクサスのカイゼン(120〜129ページ掲載)
モデル・ベース開発や機能安全 クルマが組み込み技術を牽引
特集 レクサスのカイゼン(130〜133ページ掲載)
差がつきにくい中から 見つけ出す他社との差異化点
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > その他(エレクトロニクス) > その他(エレクトロニクス)
車・機械・家電・工業製品 > 車・バイク(製造) > その他部品(車・バイク)
update:19/09/26