日経エレクトロニクス 2006/12/18号

Guest Paper
すそ野広げるカメラの手ブレ補正 その歴史と技術を振り返る

カメラの手ブレ補正システムの主流は現在,静止画のデジタル・カメラではレンズ・シフト方式,動画のビデオ・カメラでは信号処理技術を活用した電子防振方式である。2006年10月に日本国内で販売されている製品を調査したところ,その大半がこれらの方式だった。撮影した画像のブレを抑える「手ブレ補正技術」が,さまざまなカメラに浸透し始めている。(143〜154ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:14040文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
パソコン・デジタルギア > デジタルカメラ > その他(デジタルカメラ)
update:19/09/26